やばぴ




4件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[4] やばぴーまん

投稿者: あやかん 投稿日:2016年 4月 8日(金)23時43分52秒 p110.net042126214.tokai.or.jp  通報   返信・引用   編集済

Kellogg (The cereal and the light meal manufacturer of American breakfast) excluded kind of every change in the marketing strategy for children in the anxiety to overweight. And it was stated some food that not bad, but there is a problem was about the calorie count and movement.
An American food company emphasizes a healthier product about whether developed development is responding to the increased anxiety to contribution of the processed food of how it's how much in overweight and marketing for children which makes an effort surfaced. David MacKay (Chief Financial Officer) spoke by a consumer analyst group of in New York annual meeting at Arizona, and said as follows: "All problems by overweight are a calorie really at the inside. And a calorie is outside. All that which also has no a few bad foods is about a balance." It was a cause of overweight and I kindled last month by certain resumption of a suit to MacDonald by the New York teenager who insisted on bad influence to health by eating chicken and chicken nugget. I promise that a craft and stop food marketing at school voluntarily, and they're less than 6 years old, I made children to concentrate attention in a problem by advertising and moving food promotion to 6-11 years old to a way of a more desirable item.Mr. MacKay said "Really, so many slips weren't much of the food which can be used." "When you talk with almost scientist who says that they're going to be contentious, I finally think. And they become a little emotional exactly." it was asked whether Kellogg changed the strategy of a promotion following a movement of a craft, and I said to gym and JENESU (highest officer) as follows:"Competition doesn't move to us are based on anything to do that." Kellogg and the main rival of a cereal of breakfast (Mills of General) introduce grains which contain all grains (including those at which children are aimed) into the top in last step-by-step year. Mr. JENESU told as follows: "A child was also eating our products for ten years. It's interested in our making it certain to offer an option to something a child may desire and something by which their mother may wish that they eat." That gave industry "the framework we could innovate, and it was possible to change a product, and it's possible to advertise them in which", so Steve Demeritt (vice-president of Mills of General) said that a guideline of a recent meal from Washington was useful.




[3] やば2

投稿者: あやび 投稿日:2016年 4月 8日(金)05時23分52秒 p110.net042126214.tokai.or.jp  通報   返信・引用

Kellogg Co. (American breakfast cereal and light meal maker) excluded any change in the marketing strategy to children in concern for the obesity yesterday. And I said that a problem was about calorie intake and exercise (not "bad food"). I emphasize the development how you meet the concern that increased for the contribution of some processed foods for obesity and marketing to children by a highlight doing the effort that the U.S. food company develops a healthier product. I talked in the consumers analyst group of the meeting in Arizona in New York annual, and David Mackay (chief financial officer) said as follows: The concern for the role of "the all the problems due to the obesity were calories really inside, and and all balances as for it that a calorie was the outside, and there was not little bad food." obese food company in contributing flared up by some resumption of epoch-making suit for McDonald's by the New York teenager who insisted when a fast food company treated a health benefit to eat chic...



[2] やばび

投稿者: あやび 投稿日:2016年 4月 8日(金)05時01分6秒 p110.net042126214.tokai.or.jp  通報   返信・引用   編集済

ケロッグ(米国朝食のシリアルと軽食メーカー)は昨日肥満に対する懸念の中で子供たちにそのマーケティング戦略におけるどんな変更でも除外しました。そして、問題がカロリー摂取量と運動(「まずい食物」でない)についてであったと言いました。発展は、米食品会社がより健康的な製品を開発する努力をハイライトすることによってどのように子供たちに肥満とマーケティングにいくらかの加工食品の貢献に対する増加した懸念に応えているかについて強調します。アリゾナでニューヨーク年次会議の消費者アナリスト・グループで話して、デイビッド・マッカイ(最高財務責任者)は、以下のように言いました:「肥満による全部の問題は本当に中でカロリーです。そして、カロリーが外です。少しのまずい食品もありません、それはすべてバランスについてです。」肥満の一因となることでの食品会社の役割に対する懸念は、速い食品会社がチキン・マクナゲットを食べる健康効果を軽く扱うと主張したニューヨーク・ティーンエイジャーによって、マクドナルドに対する画期的な訴訟の一部の再開で、先月燃え上がりました。クラフト・フーヅは、自発的に学校でマーケティングを止めると誓って、6の下で子供たちに広告して、より好ましいアイテムの方へ食物促進を6~11才へ移すことによって、注意も問題に集中させました。「そんなに多くの誤りが、本当に、利用できる食品の多くでありません」と、マッカイさんは言いました。「あなたが彼らが議論があるところであると言う大部分の科学者と話すならば、私は最終的に考えます。ちょうど少し感情的になります。」ケロッグがクラフトの動きに続いてプロモーションの戦略を変更しているかどうか尋ねられて、ジム・ジェネス(最高責任者)は、以下のように言いました:「我々は、競争がそうするものに基づいて、動きません。」ケロッグと朝食のシリアル(ゼネラル・ミルズ)のその主なライバルは、全部の粒(子供たちを狙うそれらを含む)を含有している穀類の導入を上へ段階的昨年にします。ジェネスさんは以下のように述べました:「子供は、何十年も弊社製品を食べていました。オプションを子供が望むかもしれないものと彼らの母が彼らが食べることを望むかもしれないものに対して提供することは、確かに、我々がすることに興味を持っていることです。」スティーヴDemeritt(ゼネラル・ミルズの副会長)は、それが産業に「我々が革新することができて、製品を変えることができて、彼らを広告することができるフレームワーク」を与えたので、米国政府からの最近の食事のガイドラインが役に立ったと言いました。
マーケティング担当のKen Powellという行政の悪評高い代表はこう言っている。「子供向けシリアルの広告はとても良いことで、より広告していきたいと私たちは思っている。子供の25パーセントは朝、何も食べずに家を出ていってしまっている。」

「それらの子供達の問題はより重要になりつつあり、そしてもしその問題に効果を見出せれば、問題はとても向上するだろうと我々は考えている」



[1] 掲示板が完成しましたキラキラ

投稿者: teacup.運営 投稿日:2016年 4月 8日(金)05時00分5秒 p110.net042126214.tokai.or.jp  通報   返信・引用

ご利用ありがとうございます。

teacup.掲示板は
ダイヤスレッド作り放題右上
ダイヤ画像・動画・音楽の投稿OK
ダイヤケータイ絵文字が使えるv▽v
ダイヤRSS対応ヒラメイタ!
ダイヤかわいいケータイテンプレハートx2

足跡足あと帳はコチラ
スレッド内容は管理画面内「スレッドの管理」から編集できます。


レンタル掲示板
4件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.