teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


フレンチ・ラン

 投稿者:barry gohn  投稿日:2019年 4月17日(水)22時37分52秒
返信・引用 編集済
  FRENCH RUN
爆弾テロの犯人と疑われたスリの男と問題のあるCIA捜査官が活躍する映画。
こういうコンビものの映画は多いが、この作品は単純な道筋のストーリーにはなっておらず、派手ではないが中たるみのない出来の映画だと思う。
終盤はありきたりの展開で終わるが、安心のエンディングであるのでこれは劇場で鑑賞する映画のスタイルであった。新しくはないが古くない、だがフランス映画っぽい脇役キャラ放置プレイが所々に見られる。
 
 

ヴェノム

 投稿者:barry gohn  投稿日:2019年 3月30日(土)19時53分53秒
返信・引用
  Venom
寄生するタイプの獰猛なプレデターだが、地球上で生存するには地球上の生物に寄生しなければ生きていけないシンビオートと、その宿主である人間を描いた作品。
シンビオートのヴェノムは主人公のエディに寄生し共存関係を結ぶ。エディとの心の声でのやり取りが面白い。そして、強いが弱点も多く、弱点を隠さずに教えたりするところがユニークなところだ。

映画として一気に見終わる勢いと展開の速さがいいが、外連味溢れる構図を使いすぎており、そこが逆に面白さを削いでいる感じがしないではない。ハルクやアイアンマンで散々使った力強くスピード感のある構図や、ヘルボーイで使い尽くされた演技が、今では陳腐な演出と演技になりつつある。

飽きさせないが「最高!」とか言いにくい。68/100といったところか、いや75/100かな。
 

グレイプニル、アニメ化

 投稿者:barry gohn  投稿日:2019年 3月28日(木)20時11分10秒
返信・引用
  武田すん「グレイプニル」がアニメ化される。
http://gleipnir-anime.com/

キービジュアルも公開されている。胸が大きすぎる気もするが、どうなんだろう。
こういう作品は脚本と演出次第で印象がかなり変わるので、うまくアニメ化されることを切に願うばかりだ。
 

トランスフォーマーって第5部まであるのか

 投稿者:barry gohn  投稿日:2019年 3月28日(木)00時59分12秒
返信・引用
  第3作目まで見て、これで終わりだと思い込んでいたのだが、あと2作残っていたわけで。
第4部のプレビューを見る限り、第3部で第1話の終わりとしてもいいようだ。
もうしばらくしてから第4部と第5部を見ようと思う。
 

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン

 投稿者:barry gohn  投稿日:2019年 3月 3日(日)00時12分21秒
返信・引用
  トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン
トランスフォーマーの第3作目、これで実写版映画の最終話(だと思う)。
2時間35分の長めの映画だが、ハイスピードで物語が展開していくので、それこそ「あっという間に」終わる。映画を見ている側を退屈させない。
前回見た第2作目ではCG合成に違和感のあるシーンがいくつか見られたが、この第3作ではかなり見事な仕上がりになっている。
とは言っても、まだまだ直していくべき部分は見つかる。CGの問題というよりも作り手側の問題だと思う。どこのシーンで気になるのかは見ればわかる。
 

トランスフォーマー/リベンジ

 投稿者:barry gohn  投稿日:2019年 2月23日(土)23時26分1秒
返信・引用
  「トランスフォーマー/リベンジ」
シリーズ2作目、だいぶ深い部分に近づいてきていて、物語の核心部分がチラチラと見え隠れして面白い。
基本的に子供向け映画でもあるので、もう少し緊迫感が欲しいとは思う。だが、そういう緊迫感は第3作目で見れるので問題ない。
 

ヴィクター・フランケンシュタイン

 投稿者:barry gohn  投稿日:2019年 2月16日(土)16時21分34秒
返信・引用
  VICTOR FRANKENSTEIN
この作品はフランケンシュタインの怪物の方に焦点を当てず、その弟子であるイゴール側から描かれている。ダニエル・ラドクリフがイゴールを怪演する。
結局は怪物が登場するわけなのだが、登場人物の死生観から「死とは」について小さく語られる(本当にワンフレーズ程度の死生観)。

前半くらいまでは映像も綺麗でよくできているのだが、終盤がいろいろと駄目である。もっと内容を膨らませてもいいのでは無いかと思う部分が多くあり、内容が薄くなりすぎたと感じる点が残念である。
テレビドラマで12話くらいに膨らませたら、もしかするといい作品になったかもしれない。
 

アフター・アース

 投稿者:barry gohn  投稿日:2019年 1月22日(火)10時14分24秒
返信・引用 編集済
  AFTER EARTH
ウィル・スミスとその息子のジェイデン・スミスが主演の映画。
このストーリーの中で父子愛を描き出すのがメインだが、それ以上に禁断惑星の方が気になりすぎてどちらもフォーカスが当たりにくくなってしまっていると感じた。
それと、ツッコミどころが満載すぎて、映画に集中できない。
 

腰痛で……

 投稿者:barry gohn  投稿日:2019年 1月17日(木)23時59分0秒
返信・引用
  右側に設置したMacを操作するために上半身をひねっていて、それで腰痛が再発した。
この5日間、激痛に耐えながらゆっくり動いていた。買い出しの時に動けなくなることがかなりあって、これは誰かに助けを求めないとダメかもしれないという状況がたくさんあった。
だが、我慢した。

なんとか今日になってまともに動けるようになったが、痛みで集中力が下がるので作業はまるっきり進まない、進む気配すらない。

バランスボールに座っていると楽だ。
 

「ブギーポップは笑わない」

 投稿者:barry gohn  投稿日:2019年 1月 5日(土)20時48分48秒
返信・引用 編集済
  AbemaTVで第1話と第2話を視聴。
なんだろう、このがっかり感は。
第3話以降が良くなることに期待したいが、作画が不安定でアニメーションもコマ数が半分以下くらいに落ちる部分もあって、見ていてイライラする。低予算アニメの雰囲気が漂う。
内容が良ければこの程度の荒さは見逃せるが、どうだろうか、これは。

個人的には「ブギーポップ・デュアル」をシャフトがアニメ化して欲しかった。
 

レンタル掲示板
/18